Vision

豊かさの一極集中から幸せの分かち合いへ。

私たちGiftが目指す社会は、「自分が受けた親切(ギフト)を、

他の人にも送る(ギフトする)。」恩送りが当たり前になる社会です。

恩送りとは、誰かから受けた親切を、その人に返すのではなく、他の人に送る行為です。

Giftでは、受けた親切を送るのではなく、自分からその親切をスタートさせる人が増え、社会が親切で溢れていくことを願っています。

 

パックマンからドーナツへ。豊かさの一極集中から幸せの分かち合いへ。



私たちが考える社会課題

私たちは、現代の社会では大きな単位で互恵的な相互依存関係が成り立っていないと感じています。

その象徴的な事象として2つの課題があります。一つは「非営利組織が収益の確保に課題を感じている」というものと、もう一つは「市民が社会の役に立つと信頼できる情報を得られていない」ことです。

まず非営利組織の課題について考えます。収益の確保に課題を感じているということですが、特に事業収入の確保に課題を感じている非営利組織は多いようです。一方、市民の側には寄付をするために必要な情報があり、その情報は「活動内容」と「寄付によって期待される成果」ということでした。しかし、それを公開できている非営利組織が少ないことも見えてきました。そこで、両者の状態を見比べた上で、現状の社会を変える上で私たちは次のことが必要だと考えるようになりました。

  • 非営利組織の活動が明確化する助成金交付のプロセス
  • 非営利組織の成長戦略に合わせた助成
  • 助成による非営利組織の成果を報告し、市民に「社会の役に立った」と感じてもらう報告

私たちはこの3つのステップを行うことで、互恵的な関係が大きな社会に生まれ、相互依存の関係性を前提にした仕組みが機能し始めると考えています



Mission

「社会の隅々まで幸せを広げる寄付を、日常に。そして、文化に。」

 社会の隅々に幸せを広げることを私たちは「分かち合い」の経済によって実現したい。

 本来、経済も市場も資本主義も悪者ではありません。

 ただ、もう少しだけ「分かち合う」仕組みがあれば良いと思うのです。

TOP