2020年5月29日

私たちの想い

Issue:「何に使われているかわからない」そんな不信感でNPOと寄付の価値が落ちている

募金箱を見かけた時に「何に使われているかわからない」「寄付したけどあれからどうなった?」と少し不信感を感じたことが一度はあると思います。私たちは寄付をすることの本当の楽しさや喜びをより多くの人に体験してもらい、寄付にまつわる不信感が少しでも拭えたらと思い、活動をしています。私たちはこの活動を「寄付体験をデザインすること」と考えています。

チャリティランナー座談会

 

Mission:『分かち合う喜び』が広がる社会をともにつくる

▼NPOへの提案|ファンドレイジングデザイン

「寄付は何に使われているの?」と言われた時、2つの「こたえ」があると思います。一つは文字通り費目ベースで回答する財務面の「答え」です。もう一つはミッションベースで回答をする価値面の「応え」です。財務面は質問に正しく「答える」ことで信頼を得ることができますが、価値面はその人の気持ちに「応える」ことができる必要があります。

この2つの「こたえ」をしっかり磨き、寄付者の皆さんと一つのコミュニティになっていくことで「分かち合う喜び」を共有することができます。喜びを共有し、一体感が生まれること自体に私たちは価値があると思っていますが、そのような寄付体験をNPOがデザインできれば、継続的に寄付をいただけるNPOが増えると思います。それによってNPO自体が成長し、社会により良く影響を与えていけると思います。だからこそ、私たちは寄付体験をデザインするファンドレイジングデザインを推奨しています。

ファンドレイジングデザイン講座

  1. 財務情報を整理し、可視化する。
  2. 団体の生み出す価値を定義し、言語化する。
  3. 団体の生み出す価値を共有し、コミュニティを創る
  4. 団体のコミュニティからチームでファンドレイジングを行う

ファンドレイジング講座について詳しくはこちら

 

   

 

Vision   :人の想いが詰まった『Gift』が循環する社会になっている

誰かに大切な贈り物を送りたいと思う時、私たちはこれ以上ないほどその人に関心を寄せると思います。今日、その関心の範囲が狭くなっているのではないかと私たちは危惧しています。NPOを運営する方のお話を伺っていると「活動の必要性を知ってもらえていない」「課題が自分ごとになっていない」とよくお聞きします。寄付をする人が出会ったことない誰かに想いを馳せ、関心を寄せることができるのは社会につながりを取り戻していくために重要なことです。

私たちは寄付体験をデザインすることを通じて、「分かち合う喜び」を広げるだけでなく、そうすることでより多く人々の間をGiftが循環する社会にしていきたいと思っています。誰一人取り残すことなく。

「人の想いが詰まった『Gift』が循環する社会になっている」という私たちのvisionは2015年に国連で採択された2030アジェンダにあるSDGsと重なりを持っています。その重なりについて詳しくは「Gift as SDGs」をご覧ください。

まだまだ未熟なところがありますが、私たちの壮大な旅をご一緒いただければ幸いです。

Giftアイコン

 

 

 

ー特例認定NPO法人 Gift 一同

 

 

 

Message – 代表小山より ご挨拶 –

小山

父の不幸

創業メンバーの「寄付で社会を変えたい!」という想いに共感し、私小山もGiftに参画しました。その後代表としてGiftを継続してこられたのは、私自身「お金がないことで何かを諦めるようなことがない社会にしたい!」という強い想いがあるからです。中学の社会科の授業を受けていたときに「社会」について学ぶこと、考えることの大切さを強く感じ、社会科の先生になろうと思っていました。

進路を決める時期に父の事業が廃業となり、大学への進学を諦めざるを得ない状況となり、同時に先生になるという夢を諦めました。結婚式を挙げる際にもお金があまりなくて、ウエディングドレスを借りることができませんでした。途方に暮れていた私に、伯父と伯母が、いとこのために作ったウエディングドレスを貸してくれました。披露宴では、ピンクのとても素敵なドレスを着ることができて、本当に嬉しくて、今も写真をリビングに飾っています。伯母は、ドレスだけではなく、食器なども惜しみなく「好きなのを持っていっていいよ」と言ってくれました。

そんな大好きな伯父が私の結婚式から1年も経たないうちに、経営していた会社の事業がうまく行かず、借金を苦に海に飛び込んで自殺をしてしまいました。苦しい状況だったことを私には全く知らせず、大事な娘さんのために作ったウエディングドレスを快く貸してくれた伯父に対して、本当に感謝の気持でいっぱいになりました。感謝の気持ちと同時に、「お金さえあれば伯父は亡くならずにんだのに」というやるせなさを覚えました。お金がないことにより人生を絶つ人、やりたいことを諦めなくてはならないということはとてもつらいことです。

 

みなさんの想いの実現をサポート

Giftに出会い、募金箱事業に関わることで、寄付の可能性と、多くの人の想いが集まることにより、一人の子どもの命を救うことができるということの尊さを感じました。 皆さんにも、自分だけではどうすることもできずに諦めてしまったことが一つや二つはあると思います。 例えば、「仕事を変えたいけど、生活をしていくためには今の仕事を続けなくてはならない。」「お店を出したいけれども、お金がなくて銀行も貸してくれず諦めてしまった」「NPOを立ち上げたけれども、継続するための資金がなく活動ができなくなってしまった」など…

「誰かのために」「社会のために」という想いを持って立ち上がった人たちが諦めてしまうことは、社会に対して損失になると思うのです。私はGiftの事業を通して、想いの芽が途中で枯れてしまわないように、そして花が咲くようにGiftが持つ様々な資源(スキル)を使いサポートしていきたいと思っています。

Giftには多様なメンバーが集まっています。

代表の小山は会計事務所で12年多くの事業の会計指導、経営の相談、資金調達の相談を受けてきました。副理事の荒川はコミュニティ・オーガナイジングのコーチとして、組織やチームの運営戦略に関わるコーチを数多く行っています。それ以外にも、キャリアコンサルタント、IT、法務、福祉など様々な分野で活躍するメンバーがいます。そんなGiftのメンバーが一丸となって想いの実現をサポートします。

 

みなさんのGiftも貸してください

私たちは、みなさんの想い、スキル、時間のことを、「Gift」と呼んでいます。誰もが持っている「Gift」を、社会のために、少しずつでも循環させていくことで、想いの種が花を咲かせていく=社会の課題が解決されることができると思うのです。一人の活動が大きなインパクトとなることもありますが、一人ひとりの力が小さくても集まることで大きな力となり、みんなの力でこの社会を変えていくことができたら、未来はもっと希望にあふれた世界となるのではないでしょうか?ぜひ、あなたのGiftを私たちと一緒に循環させていただけたら嬉しいです。

Our Story – Giftの歴史 –

ー以下は私たちGiftの歴史です。読み物としてお楽しみください。

【Gift創立】

Giftは、当時大学生だった喜田、荒川、遠藤の3人が「自分たちの力で社会を変えたい!」という想いで立ち上げた団体です。拡張型心筋症の「ななちゃんを救う会」の募金箱の設置したのが活動の始まりです。 「2億8000万円の寄付で一人の子どものいのちが救われる!」とあるお店に募金箱を置いていただいたところ、約3週間で19840円の寄付が集まりました。ずっしりと入った募金箱には、人の優しさが詰まった「温かい重み」を感じました。「寄付は社会を変えることができる。寄付文化がないと言われる日本だけれど、優しさが循環する社会を創りたい!」

そうして、私たちの活動は始まりました。

▶︎Coming soon